スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BC有馬連覇の種牡馬


S氏のレベル33の条件(春天3連覇)を目指していた馬ですが
33の条件は2つ目で挫折(ハナ差)
1つ目3つ目の春天は勝っているので、結果ものすごく惜しかったということに。

まあ戦歴はともかく
血統がニジンスキーというナドではレアというか異系扱いというイグレシア。
その父オリエンタルノアはやっとニジンスキー系を
ももじりで頑張ってた種で姫がG1勝たせた馬で
ももじり門外不出扱いがS氏のレベル33狙いでどうぞということで公開されたのです。
そして産まれたのがイグレシア。
S氏のことですからレベル33はこの馬から狙っていることでしょう。
話がそれましたが、ニジンスキー系って結構主力の系統とニックスでもあり
使い勝手がよさそうな系統なので、繁殖牝馬で高パラでたりすると
にやけそうになります。
ちょっと株が出てくるのが遅かったので合う繁殖がいなかったのが悔やまれますが
まあ、来Sがんがんつけようかと。

昔、ニジンスキーの高パラ繁殖がセリで出されて
借金してかき集めてメンテ前で競り落としたことが思い出されます。
競り落とした金額ですか?
400億超えていたかと。。。。。。。
あの借金返すの大変だったな。゚(゚´Д`゚)゚。
スポンサーサイト
意外性の馬 | Home | 今だけ?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。