スタローン


うちのコブラがかろうじてケイドーナッツを競り落として
仏2000Gを勝利(o‘∀‘o)*:◦♪
薄氷の勝利でしたけども。

タニノシルベスター→ランボー→ランボーナルトとスタローンの由来で来てたので
(種ランボーロッキーは枝分かれ)
この馬にはコブラというスタローンの映画から馬名をいただきました。
ランボーロッキーが命名いまいちだったなぁ~。
コブラの産駒でG1狙えそうな馬はスタローン関係の名前をつけよう(´∀`*)
スポンサーサイト

双子が産まれる


オオサカラプソディ仔の2歳が2頭いるのです。
実際では父が同じなら双子なんでしょうけど
ここでは活性種牡馬不具合という大技で父違いの双子ができちゃいました♪(/・ω・)/ ♪
厳密には違う日に産まれていますけどね。

母のパラを完全踏襲とまではいきませんでしたが、
それなりのパラの双子達。

今後に期待して猛調教積まねば( ̄^ ̄)ゞ

あいぽんの秘密兵器


天皇賞で凡走していたのでもしや?と思ったら
予想通り枯れていました・・・・・
パラは表示のように結構よかったのですが
なぜかG1に手が届かない呪いがかかっていたようで・・・・・・

貴重なテディ系で遺伝良し、パラ良しのビームは全体で出したかったんですけどね。
桃尻で使ってもらおう!
頼むよーみんな!!
仔でG1狙うことにします(。>ω<。)ノ

種牡馬株制度が時間経ってきてやっとどういうものかがわかってきたように思います。
結構いい種でもずーっと付け続けて成績残さないと返ってくるという怖い制度。
超、早熟系だと種牡馬入りが早いので15歳まで面倒見るのはなかなか難しいでしょう。
気張らず、戻ってくる前提でやるのがいいのかも。
そうなるとまた桃尻の種牡馬ラインナップは上がってくることになりそうです( ̄^ ̄)ゞ

意外と、いやかなり・・・・・


皆さんはこんなクエストを見た事があるでしょうか?
きっと見ているはず。結構出るクエストかと。
2017y01m16d_235245873.jpg
達成するにはG1級の馬でいかないと、ほぼ無理で
しかも枯れるまでに一度も失敗することなく函館記念を勝っていかねばならないという。
晩成なら、4歳~6歳で勝っていかないとまず不可能なクエスト。

追い込みのうちのマスマスタイニールにつらい仕打ちのどスローで
鞭を連打しながら豪腕ふるう、うちの騎手。
そこに抵抗するもっち氏の馬。
もう駄目だと思った瞬間、すっと前にでたような?
レース見てる限りではまったくわからない感じでしたが
ぎりぎり交わして達成していました。
2017y01m17d_212648343.jpg


こんな難解なクエストの割に見返りは少ないような・・・・・・
そしていまだにG1を勝てないうちのタイニール君、
次走こそはG1勝ってせっかくの遺伝SS保証が意味無しで終わらないように・・・・・
種牡馬株になれるか、あと少ししか時間は残されてませんからね。
現在6歳の晩成なので残りわずかです。
まぁ馬主(調教師?)がへたくそなだけですけどね(つД`)ノ

こんな日もある


本日は4つレースに出て全部勝ちました(´∀`*)
珍しいw

チョコムースは最近2着続きだったので、やっと勝ててほっとしています。
チョコバジル仔対決(S氏の馬はどちらもチョコバジル仔)を制し、
チョコバジルの種牡馬ランキングもあげていかねば!!

仏ダービーはNHKマイルCからの参戦で
調子が落ちてしまうかと心配しましたが、なんとか保ったままレースに出せて
調子落ちさえしなければなんとかなるかなーと思っていましたので、こちらもほっ(´∀`*)

早熟系の種牡馬株は結構産駒出して活躍していないと消える運命になるので
種牡馬株の値段を高めの設定で自分でもガンガンつけていかないとやばいことになりますしね・・・・・
スカイディヴァーはパラには自信ありですよ。
よかったら種牡馬株購入してください。
もう少し走りますけどね。